track feed CLOUDY ROUTE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ブラッドラッド』3話感想 スタズVSウルフ! なんかミート君と丹下がいるぞwww

勝負
 
次回:まだだよ!                    前回:2話感想


▼魔界の鳩は陸上生物なのか?
籠0
旧友のウルフから『人体蘇生の書』を手に入れるため、西魔界を目指すスタズ達。
しかしスタズのいる東魔界から行くとなるとかなりの距離がかかります。
なので『かご』と呼ばれるもので移動するようなのですが・・・・


籠1籠2
「あなたを魔界のどこまでも」
「鳩胸運送でーす」
なんかキメェの登場したああああああああああッッ!!?


籠3籠4籠5
そして足が速いのがまたキメェエエエエエエッ!!!

▼ここにもゲロインが・・・・
籠9籠7籠8ウルフ1
「久しぶりだなウルフボーイ」

ウルフ0
「俺をその名で呼ぶのはオメェだけだぜ、ブラッドチェリー」
たまたまかごの前を歩いていたウルフ。
なんか間違ってかごを真っ二つにしちまいましたがスタズはウルフに会えたのでまぁ結果オーライ。

ウルフ3ウルフ2
スタズは『人体蘇生の書』についてウルフに尋ねますが、彼はそんなものは知らないとのこと。
西魔界のどこかにあるかも知れないが、広いナワバリのため探すのはかなり困難。
ということで二人が勝負してスタズが勝ったら『人体蘇生の書』をウルフ達が探すことに。
もしウルフが勝った場合は・・・


ゲロ0
「この女をやろう」


ゲロ1ゲロ2ゲロ3ゲロ4
またしてもゲロインの誕生だwwwwwww
うん・・・なんか最近ゲロイン多いよね・・・。
乗り物酔いで吐いたんだよね?ウルフは悪くないよね?

▼ボーリングしようぜ!
ボーリング1ボーリング2ボーリング3
二人の勝負はボーリングに決定。(なぜにボーリング?)
しかしこれは圧倒的にスタズが有利ですね。
ウルフは自分の体を強化するパワータイプの魔族に対し、スタズは遠隔攻撃が得意な魔族。
つまりスタズは魔力を使えばボールを使わずともピンを倒すことが出来るのである!(卑怯や・・・)


ボク0ボク1ボク2ボク3
なんでボクシングになったあああああああああッッ!!?
何かの手違い?聞き間違いかな?
何だかウルフに有利っぽい勝負ですがスタズは冬実をウルフに預けているため逃げる訳にはいきません。

そしてその冬実はというと・・・・


ボク4
「あ・・・あの・・・・」


ボク5
「これスクール水着なんですけど・・・変態ですよ・・・」


ボク6
「この女、マジやべぇ・・・」
ウルフさんマジピュアやwwwww

▼ふゅ~スタズさん卑怯だぜ~☆
s1.png
「はっけよい!ボックスッ!!」
ヤベwww下らないけど吹いちゃったwwww


s2_20130722155858.png
いきなり抱き合ったwwww
いきなりクリンチとは・・・スタズさん一体何を企んでいるんだ!?


s3_20130722155900.pngs4_20130722160502.pngs5_20130722160504.png
「やはり接近戦じゃウルフに手も足もでねぇ」
ミート君ふざけんなwwwww


s6.pngs7.pngs8.pngs9.png
「このままじゃあ、アイツの魔力は空っぽになっちまう!」
今度は丹下かwwwww
ネタが古すぎてちょっと着いていくのが大変だぜ・・。


v1_20130722161424.pngv2.pngv3.pngv4.jpg
「出たああああああっ!!
これぞ中駐吸魔歯(チュチュウドレイン)!!」
チュウチュウドレインwwwww
スタズを押していたと思われたウルフですが、実はスタズは最初にクリンチした時にウルフの方に自分の歯を仕込んでいました。
そしてそこからウルフの魔力を吸収していくことで何もせずともウルフを追い詰めていたとさ・・・。


v5.pngv6.pngv7.pngv8.pngw1_20130722162531.pngw2_20130722162657.pngw3_20130722162701.png
スタズがフィニッシュを決めたかと思いましたが、ウルフもここで終わることなく、名前の通り狼男(中途半端)に変身。
本当のバトルはこれからだと思ったのですが・・・・奴が来た・・・・


j1.pngj2.pngj3.pngj4.jpg
いきなりボッシュートかよ・・・・

▼お兄ちゃんが作った本ですか・・・
書0書1書2
いきなりボッシュートしたかと思えば『人体蘇生の書』をスタズに渡すベル。
多分スタズの実力を知りたいがためにわざとウルフと戦わせたのですね・・・。


書3書4書5書6書7
しかしこの本は暗号文で書かれており解読はこのメンツでは不可能!(というか解読だるいわ・・)
スタズは面倒なのでこの本を書いた人物に直接聞きに行った方がいいと考えこの本の著者を調べます。


ブラッズブラッズ1
「ブラッド・D・ブラッズ。俺のアニキだ・・・」


次回:まだだよ!                    前回:2話感想


下らないけど笑ってしまう、今回はそんなネタが多かったですねwww。
豆次郎がちゃっかりとミート君になったり、丹下になったりとボケをかましていましたが、次もこんな感じのネタをじゃんじゃん出してほしいですね!(でもあんまり古いネタに着いていくのはキツイかな・・・)

【Amazon.co.jp限定】ブラッドラッド 第1巻 (小玉有起完全描き下ろしコミック24P付き) (描き下ろしアナザージャケット付き)(完全数量限定) [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定】ブラッドラッド 第1巻 (小玉有起完全描き下ろしコミック24P付き)
(描き下ろしアナザージャケット付き)(完全数量限定) [Blu-ray]

この記事へのコメント

トラックバック

MAGI☆の日記 - 2013年07月22日 21:25

ブラッドラッド 第3話「持ってんじゃん」

ブラッドラッドの第3話を見ました。 第3話 持ってんじゃん ベルから死んだ人間を生き返らせる『人体蘇生の書』があると聞いたスタズは冬実と豆次郎とともに西魔界へと向かう

URL :

プロフィール

ルクモ

Author:ルクモ
中二よホイホイッ!
クラウディルートにヨウコソ!

深夜アニメとかの感想メインのブログです。
アニメ・漫画・ゲームの速報とかもやってます。


アニメ ブログランキングへ
試にブログランキングのバナーを設置
一日一回、よろしければ押してって☆

BD/DVD
Powered by amaprop.net
スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
206位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
110位
アクセスランキングを見る>>
リンク
Books
Powered by amaprop.net
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
-->