track feed CLOUDY ROUTE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『進撃の巨人』17話感想 女型巨人の進撃! 巨人に握り潰されても無傷なライナーさん☆

女型
 
次回:18話感想                    前回:16話感想


▼相変わらずのオルオさんwwww
出1出2出4出5出3
「オルオさん、アイツら・・・
オレの同期は巨人に勝てますかね・・?」
ついに調査兵団の壁外調査が開始。
この調査にはエレンだけでなく、ミカサやアルミン、104期生のみんなが参加してるため心配するエレン。
しかしなぜよりによってオルオさんにそれを相談するんだろ?(あ・・・察し)


出7
「いいかクソガキ!壁外調査ってのはなぁ!」


出8
「いかに巨人と戦わないかに掛かってんd・・・」
オルオさんまたやっちまったwwww
諌山先生・・・これをやりたいがためにエレンを使ってオルオさんを喋らせたな・・・。

▼長距離索敵陣形
陣1陣0
「長距離索敵陣形、展開!!」


陣2
「巨人と出くわしても小便チビんなよ!」

陣3
「うん、ジャンもね!」
wwwwwwwwwwww


陣9陣4陣5陣6陣7陣8煙1煙2煙3
今回アルミン達の主な任務は、巨人の位置を団長へ『伝達』。 
一番端の列の兵士が巨人を発見した場合、それを赤の信煙弾で内側の兵士にそれを伝える。 
それを見た内側の兵士が、さらに内側にいる兵士に赤の信煙弾で伝える。


煙4煙5煙6
それを連鎖的に繰り返し、最終的にエルヴィン団長に巨人の位置を伝え、部隊の進路を決めていく。
それにより巨人との戦闘を可能な限り避けて目的地まで進めるんだとか。(頭良いなぁ)

▼荒ぶる奇行種達!
t1.pngt2.pngt3.png
四足歩行で進撃だとッ!!?
これは怖い・・・ティガレックスの恐怖を思い出したわ・・・・

t4.pngt5.png
今度は競歩で進撃してきたwwww
一体何なんださっきから!?奇行種のバーゲンセールとかマジ需要ないぜ・・・。(いや、あるのか・・?)

ネス1ネス2ネス3ネス4ネス5ネス6
カッチョエエエエエエエエッッ!!


▼女型巨人キタアアアアアアアアッッ!!
a1.pnga2.pnga3.pngネス7ネス8ネス9
ネス班長おおおおおおおおおッッ!!?


a7.pnga4.pnga5.png
「奇行種じゃない!奴には知性がある!
鎧や超大型、エレンと同じ・・巨人の体を纏った人間だ!」
突如現れた女型の巨人。
立体起動で飛ぶネス班長を喰うことはせず投げ飛ばし迎撃。(嘘だろ・・・ネス班長が・・・)


落ち2落ち1a6.pnga8.png落ち3落ち4落ち5
「顔を・・・確認した・・・?」
フードを被ったアルミンの顔を確認した後、去っていった女型の巨人。
これはつまり誰かを探してるということ・・・「もしかして・・・エレン!?」(←さすがアルミン天才やな・・・)


女2女3女1
・・・っとアルミンの元へ駆け付けにきたライナーとジャン。
ジャンが言うにはどうやら女型巨人の来た方角から大量の巨人が現れたのだとか・・・。
それは女型巨人が巨人達を引き連れてきたということか?


ジャン0ジャン1
「この距離ならまだ奴の気を引けるかもしれねぇ」
このまま女型巨人を先に進めては部隊は全滅。
そうなる前にジャンは自分達で女型巨人の足止めをしようと考えてるみたいですね。(ジャンマジ主人公やな)


ジャン2
「お前・・・本当にジャンなのか?オレの知るジャンは・・・
自分のことしか考えてない男のはずだ」
ライナーから見たジャンの印象あんまりだwwww
まぁ最初はあんま良い性格はしてなかったけどさ・・・でもジャンの印象ってよっぽど評判が悪かったんですね・・・。

▼ジャン&アルミン&ライナーVS女型巨人
ジャン3ジャン4ジャン5ジャン6ジャン7ジャン8ジャン9
貴重な馬がああああああああああッッ!!?
ジャンが特攻したはいいものの、女型の巨人はジャンの攻撃をあっさり捌く・・・。
さらに女型の巨人はアルミンへ攻撃!(馬に一体何の罪があるんだ!!?)


血1血2血3血4血5血7血6
ジャンはアルミンを助ける為にまた女型の巨人に戦いを挑みますが、やはりこの巨人には知性があるようで、巨人の弱点であるうなじをガード。(チートじゃん・・・) 
このままではジャンは立体起動装置のワイヤーを捕まれ、そして投げ飛ばされて終わり・・・・。


血8
「ジャン!!死に急ぎ野郎の仇を取ってくれ!!」

血0血血9
「そいつは・・・そいつに殺された、右翼側で本当に
死に急いでしまった死に急ぎ野郎の仇だ!!」
アルミンはったりうめぇええええッッ!!
女型の巨人の様子を見る限り、やはり狙いはエレンのようですね。
アルミンのはったりが効いたのか動きが止まった女型の巨人。
そして今がチャンスと言わんばかりにライナーが女型の巨人のうなじめがて一撃を・・・!


r1.pngr2_20130804212113524.pngr3.pngr4.pngr5.pngr6.png
ライナアアアアアアアアアアアアアアアッッ!!?


r7.pngr8.pngr9.png
えぇぇぇッ!?いっ!今何が起こったんだッ!!?


rr.png
そして無傷☆
おいおいライナーさん・・・不自然な箇所が所々目立ちますぜ・・・。


次回:18話感想                    前回:16話感想


今回の戦闘シーンは素晴らしかったですね!(作画兵団は無事なのか!?)
作画兵団のライフも気になりますが、ライナーがあれほど出血してもノーダメなのが解せぬ・・解せぬぞ・・!
彼の回復力はもはやギャグ漫画級だぜ・・・。


TVアニメーション 進撃の巨人 原画集 第1巻 [#1~#3・PV・ED収録] (ぽにきゃんBOOKS)
TVアニメーション 進撃の巨人
原画集第1巻 [#1~#3・PV・ED収録] (ぽにきゃんBOOKS)

この記事へのコメント

- - 2013年08月04日 23:07:36

あの出血は全て女型巨人のものですからね。
ライナーから蒸発していたのも女型巨人のものでしょうね

たった一瞬の冴えたやり方 - アルキュオネ - 2013年08月10日 22:49:02

私の家は落雷のせいで、17話を見る事ができませんでした。 残念………。
今回はジャンも活躍しましたがそれ以上に活躍したのはアルミンでしょう。
アルミンのすごい所は「知性」もそうですがほとんどどんな時でも、
十分にその「知性」を発揮する事ができる気丈さ、エレンやミカサとは
また違ったタイプの強靭な「精神力」でしょう。
どんなに普段は頭の回転の速い人間でも、目の前で人が死に、自分も殺される寸前の状況に直面したら、あるいはいきなり自分の判断に仲間の生死がかかったりしたら、
大多数の人間は恐怖で凍りつくか、狂乱するか、重圧で頭がまっしろになるでしょう。
しかし、今回アルミンは女型の巨人に掴まれるというとんでもない出来事が
あったそのすぐ後にはもう衝撃から立ち直り、起こった出来事を分析した上で
女型の巨人の正体の確認と陽動を一手で行える策を考え付いた。
これは並大抵の事ではありません。ミカサが自分の肉体を完全に支配しているなら、
アルミンは自分の知性を完全に支配している。常人には耐えられない様な
恐怖や衝撃が襲ってきてもその感情が自分の知性を脅かす事のないように
抑え込み、同時に知性を働かせる。アルミンは天才です。掛け値なしに………。

アルミンはどうして女型の巨人に対して「死に急ぎ野郎」という言葉を
使ったのか?単に自分の顔を見てすぐに殺さなかったからではありません。
それだけではせいぜい女型の巨人の正体がエレンだけではなく、
自分の事も知っているのかもしれないという事ぐらいしか推測できない。
しかしアルミンが今回の壁外遠征以前から、とある人物に対して不審を
見つけていたとしたらどうでしょう?女型の巨人と接触した時、
アルミンの中でその二つの事象は直観的に結び付けられたに違いありません。
だからアルミンはエレンの名前ではなく、ジャンがエレンに対して使った
「死に急ぎ野郎」という呼び方を使った。
この表現でエレンを連想するのはジャンとエレンのやり取りを
近くで見ていた人だけ、つまり…………。

トラックバック

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 - 2013年08月05日 23:06

(アニメ感想) 進撃の巨人 第17話 「女型の巨人――第57回壁外調査1――」

投稿者・ピッコロ 進撃の巨人 2 (初回特典:諫山創監修ニセ予告ドラマCD付き) [Blu-ray](2013/08/21)梶裕貴、石川由依 他商品詳細を見る エレンと同期のミカサ、アルミン、ジャンたち第104期...

オレが面白いと思っているアニメやマンガは、本当に面白いのか? - 2013年08月23日 13:35

『進撃の巨人』 第17話の評判 、及び感想と考察

『進撃の巨人』 第17話 「女型の巨人 -第57回壁外調査 1-」を観ました。今回の世間の評判をまとめつつ、個人的感想を述べています。進撃の巨人 3 [初回特典:Bl

URL :

プロフィール

ルクモ

Author:ルクモ
中二よホイホイッ!
クラウディルートにヨウコソ!

深夜アニメとかの感想メインのブログです。
アニメ・漫画・ゲームの速報とかもやってます。


アニメ ブログランキングへ
試にブログランキングのバナーを設置
一日一回、よろしければ押してって☆

BD/DVD
Powered by amaprop.net
スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
167位
アクセスランキングを見る>>
リンク
Books
Powered by amaprop.net
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
-->