track feed CLOUDY ROUTE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『AMNESIA(アムネシア)』5話感想 イッキさんはどうやらバッグ中毒者のようだ・・・

 イッキ3
 
次回:6話感想                    前回:無いよ!


▼リカさんだよ
前回、主人公が死に?イッキルートになった世界。
なぜかイッキさんとデートすることになり家の外に出る主人公。そこにイッキさんと突如現れたリカさん。

オバハン
ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドッッ!!

特に主人公と対立することもなく「デート楽しんでね」みたいな感じで去っていくリカさん。(何しにきたん?)
それにしてもこのアニメ、非日常的ファッションを皆さん着て下さって楽しいです。(8月です)

イッキさんは主人公を待たせてしまったことに反省。

お詫び
「どんなお願いでも聞いてあげるよ?」
ルクモ:「それじゃあアンパンry」

だんまりの主人公。あいかわらず何も喋らない。アンパンはいらないようだ。

イッキさんは顔を主人公に近づけます。(主人公はひるんだ!)
どうやら彼の目を見た女性は恋に落ちる能力を持つようです。いきなり能力者登場です。
しかしその能力、主人公には効かないらしいです。(代わりにビビらせることは可能)

お願いごとはひとまず置いといて2人は映画館へ向かいます。

バッグ1
「あっ、バッグ持つよ(1回目)」
バッグを持つ優しさ。まずは1回目。

▼映画館でデートだよ
映画
妻:「じゃぁ、あなたは私の夫ではないの?」
夫:「あぁ、君に言うのは初めてだが」
妻:「うそぅ、そんなはずないわ!」
夫:「でも・・僕には・・」
     :
  <中略>
     :
何かかなりヘヴィな映画を選んじまいましたイッキさん。なぜこの映画にしたんだ!
     
妻:「気が付いたら全然違う場所に立っていて・・・・
   そこは今まで私がいた場所と・・どこか同じでどこか違う場所・・・・」


見事にタイムリーな映画に親近感を感じる主人公。そしてイッキさんはこのシーンで、

手を
いや!そこは手を握るところじゃないはず!!

なぜかこのタイミングで手を握っちゃうイッキさん。なる・・ほど・・これがイッキワールドってやつか・・・。
イッキさんから『能力』『イケメン』を取ったら数多のマイナス要素が溢れ出そうなのは気のせいでしょうか・・・?

▼喋りすぎだよ
映画を観終わり、外で休憩する二人。しかしここでイッキさんのマシンガントークの始まりだ!!

喋りすぎ
イッキ:「不思議な映画だったね」
主人公:「・・・」
イッキ:「あまり面白くなかった?」
主人公:「・・・」
イッキ:「あぁいう作品は嫌い?」
主人公:「・・・」
イッキ:「僕が勝手に選んじゃったから」
主人公:「・・・」
イッキ:「もっと甘いラブストーリーの方が良かったかな?」

辛い顔
「・・・・いえ・・(辛い顔)」
記憶があるように演じよう意識して、ようやく口にしたのがこの一言。だが!それでいい!!
どうやらこのマシンガントークを喰らっても意識を保っていられるだけのメンタルは持ち合わせている様子。

ふと何かを感付いたか、イッキさんが右へチラリ。

奴ら
また貴様らか!どこにでも現れるな!!
どうやらイッキファンクラブはソトーキングが得意らしい。(素敵な趣味だと思います!)

身の危険を感じてか「帰ろうか」とイッキさんは言います。

しかし!イッキさんのマシンガントークはまだ続く!!(帰りなよ!!)

トーク
イッキ:「僕も君も、明日は朝からバイトがあるしね」
主人公:「(明日、私もバイトなの?どうしよう?まだ何も分からないままだし・・)」
イッキ:「どうしたの?不安そうな顔をして」
主人公:「・・・」
イッキ:「もっと一緒にいたい?」
主人公:「????????」
イッキ:「なんてね☆君からそんな素直な言葉が聞けるなんて期待してないよ」
主人公:「(バイト先って・・・・)」
イッキ:「あぁそうだ、今朝遅れたお詫びのお願いごと、何にする?」
主人公:「????????」
イッキ:「まだ決めてない?」
主人公:「(ハッ!!)あっ、あのぅ!明日、バイト先に送って貰えませんか!?」

ようやくちゃんと喋った主人公。早速イッキさんを利用しようという根端をお持ちになった様子。
主人公もどうやらやればできる子のようです。

イッキさんはこの発言に不信感を少々感じます。
しかし同時に、うれしさのあまり心の中ではお祭り騒ぎだったそうです。(「んっふふ♥」という笑い方から察するに)

▼久しぶりのオリオンだよ
とりあえずイッキさんを利用することに成功した主人公は家に帰ることに。

オリオン1
そしていきなりあらわれたタマネギっぽい名の妖精オリオン。
いきなりでてきていきなり話を聞いてくれと言うオリオン。

元いた世界とは違うけど今の世界が正しいとか・・。
主人公の状態は不安定とか全部オリオンのせいだとか・・。

私は理解力は低い方ですがとりあえず全てオリオンが悪いってことで認識いいんでしょうか?

オリオン2
「今君がいるところは本当は・・・」
いきなりでてきて「僕が悪いんです」発言をして消えてった妖精オリオン。
サポートしないサポートキャラって奴ですね。(それはなかなかウザいぜ・・・)

▼ワカさんは鬼軍曹だよ
約束通りやってきたイッキさん。いつもと同じ服なのは気のせいだ!

バッグ2
「ほらっ、バッグ貸して、行こうか(2回目)」
[荷物持ちならお任せください]なイッキさん。いい人だ。そして2回目。

バイト先『冥土の羊』に辿り着いた二人。(バイト先だけは変わらない)

主人公はいつも通り店長にあいさつ。

ワカさん 
「おい、何を浮ついている!!
私が来る前に整列しろといつもいっているだろう!!」
「客ハ敵ダアアア!!客ハ敵ダアアア!!客ハ敵ダアアア!!」

ルクモ:「お客様を大事にしてくれえええええええええ!!」

どうやら世界線が変更され、店長はまたおかしくなったようです。

▼セクハラだよ
『メイドの手作りパフェ』を作ることになった主人公。
しかし記憶がないため作り方はもちろん分からない。

パフェ
じゃあセクハラするしかない
なぜこうなってしまったかは理解できませんがイッキさんは何かに理由を付けてセクハラする人らしい・・。

▼必死の抵抗だよ

バッグ3 
「ハイ!バッグ貸して!」
もう荷物持ちも板に付いてきたイッキさん。いい人だ。しかしこれで3回目。もうバッグ厨です。

一緒に帰ることになり、そして主人公の家に着きイッキさんは言います。
イッキ:「バッグ、返してほしい?」
ルクモ:「まさかそこまでバッグ中毒になってしまったのか!?」

バッグを返して欲しくばと主人公を壁に押し付けキスをしようと迫ります。

壁押し
「目、閉じてくれないんだ・・キスしにくいんだけどなぁ・・
ねぇ、目を閉じて、怖いことしないから・・」

がん見
これ以上ないガン開き
いろいろ怖くてキスを拒絶したくなるのは分かりますが目を見開きすぎです。
これはイッキさんのメンタルズタボロです。

▼パズルタイムの始まりだよ
バイトを難なくこなす主人公。しかしバイト終了後、店の裏にはなぜかイッキさんとケントさん。

ケント1イッキ2
ケント:「命乞いをするなら今の内だぞ。
     私は君に止めを刺すために至高の兵器を作り上げてきたのだからなぁ。」

イッキ:「ハッ!お前に僕が倒せるかな?」
ケント:「さて、別れが欲しいがこれまでだ。喰らうがいい!!」
イッキ:「来い!!返り討ちにしてくれる!!」
主人公:「止めて下さい!!」
厨二発言を真に受けた主人公。きっと命の駆け引きをするのだと勘違いしたのでしょう。

ナンプレナンプレ2
カイト:「面白そうなパズルじゃねぇぇか!!」
実はナンプレだったというオチ。 楽しそうで何よりです。(この二人にヴァンガードやって欲しいな・・)


次回:6話感想                    前回:無いよ!


5話にしてようやく感想書きました『AMNESIA(アムネシア)』。
個人的には好きな作品ですが、感想書くの難しそうだったのでなかなか書けませんでした。
「笑い」「笑い」ありで面白い作品です。
ふざけて感想書いちゃいましたが不快になった方はすいません・・。
でもホント来週も楽しみです。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

ルクモ

Author:ルクモ
中二よホイホイッ!
クラウディルートにヨウコソ!

深夜アニメとかの感想メインのブログです。
アニメ・漫画・ゲームの速報とかもやってます。


アニメ ブログランキングへ
試にブログランキングのバナーを設置
一日一回、よろしければ押してって☆

BD/DVD
Powered by amaprop.net
スポンサーリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アニメ
163位
アクセスランキングを見る>>
リンク
Books
Powered by amaprop.net
スポンサーリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
-->